あのコメダ珈琲の北海道6店舗めが我が町に開店します。

名古屋の珈琲の全国チェン店コメダ珈琲店が、北海道では札幌以外で最初で、全道で6店舗のお店が我が町に、もうすぐオープンします。皆楽しみに待っています、多くの珈琲のチェン店が、我が町にある中での進出です、後3日でオープンです。朝早くから開店するそうです、そして期待は,名古屋式のモーニングですね、テレビなどでは見たことが有るのですが、コーヒーにトーストなどが付いてくる様ですね、それが楽しみですね、お店も新しく建てたもので、駐車場も喫茶店とは思えないほどの広さがあります。多くの方が詰めかけるのでしょう、そんなコーヒーショップが我が町を選んでくれたのはなぜなんでしょう。昔は多くの個人経営の喫茶店がありましたが、どんどん減ってきて、近年は大きなチェン店が幾つも出来ている中での進出なのですから、初めは賑わうでしょうけれど、洗練された味でないと、我が町の人もすぐに飽きてしまいますから、しっかりと、美味しいコーヒーを出してもらいたいと思います。http://www.ksfc.biz/

あのコメダ珈琲の北海道6店舗めが我が町に開店します。

物への固執を捨てるような時代になっている

なんとなくまだ漠然と思っている程度のことなのですが、この先、物への執着というのを捨てなくてはならないのではないかと思っています。
私たちの生活の身近にあるものというのは、どんどんと物理的な形を消しているように思います。
かつてはCDを購入していたような音楽は、いまではダウンロードや配信などで楽しむようになりました。
写真はアルバムではなくて、クラウド上で管理するようになり、みんなで共有したりするようになりました。
音楽を聞く、写真を残すという目的は同じでも、物理的に何かを所有するということはなくなりつつあります。
私は家についても同じように、土地や建物を持つのではなく、マンションのように建築物を使用する権利を有するというのも、そうした流れと同質のものだと思っています。
逆に言えば、いまでは物を持っていることのほうにコストがかかるようになり、そのコストが見合わないと感じるようになっているのかもしれません。
いずれにせよ、物を持つのは贅沢であり、お金がかかることなのだという風になるのではないかと思っています。
難しく考えるとそんな感じなのですが、つまり、簡単に言ってしまえば、家の中にある不要なものは早く捨てて、物への執着を捨てるべきなのかなということです。

物への固執を捨てるような時代になっている

嗜好の画像でもまさか売ってみようかなあ?

近頃写真を買い取ってくれるサイトがあると言うので、ちょい期待があります。

なんでもその際とは、平凡のほうが撮った写真でも根が垂らしば買い取ってもらえるという用なようで。
写真にもcopyrightがあり、フリー話題でもない限り無断で支出ができないものですからわざと写真を撮りにいくよりも
他人に写真を撮ってきてもらって利益を支払ったほうが何かと経済的で嬉しいらしきことから、最近ではそんなサイトも流行っているようです。

私もちらほら単なるところに旅行をしたりするものですから、そういった時のついでに写真でもとって
少し利益に交代できないかどうにかといった感じのことを考えてもいいかもしれません。

特別写真で食べて行くわけでもないですから、こういったものをどっさり写真に撮って利益にして言う方がいいでしょうね。
そうすればまた旅行するときの付け足しにもなりますし、経済的にもよりさまざまに生まれ変われるような気がしますから。
ともかく登録して写真を集めようかなと思っています。ミュゼ ひげ

嗜好の画像でもまさか売ってみようかなあ?